スマートフォンサイトに戻る
2018/03/20

防災について~眼鏡・コンタクトレンズ編~

 
こんにちは、受付の野代です。

前回の記事で女性と防災にお伝えしました。

災害時、女性は子どもを抱えていることや

体力・体調の面などで弱い立場にかれがちです。

だからこそ女性が防災にもっと陥入していき、災害時には

女性の知恵や力を出し合い、助け合うことが大切ですね。


そして今回は、災害時の「視力」についてお伝えします。

普段、常に眼鏡やコンタクトレンズを装用している人にとって、

裸眼で避難するということは非常に危険です。

そのため、眼鏡・コンタクトレンズのユーザーは「視力」の備えが必要です。


megane_woman











・眼鏡を枕元に置いて寝る
 倒れてきた物で眼鏡が壊れないよう、枕元には物を置かないようにしましょう。

・防災セットの中に眼鏡・コンタクトレンズを入れる
 災害時には水の確保が困難であるため、衛生面が整うまではコンタクトレンズを
 中止し、眼鏡を装用しましょう。また、防災セットの中に眼鏡と予備の
 コンタクトレンズ、保存液も入れておきましょう。

・プラスチックレンズの眼鏡を用意する
 プラスチックレンズはガラスより割れにくく、また割れても破片が散りにくいため安全です。

人は、情報の約90%を視覚から得ていると言われています。

「見える」ということは災害時に命を守るために大切なことです。

みなさんも、眼鏡・コンタクトレンズの備えをお願いします。