スマートフォンサイトに戻る
2021/08/10

研修会のご報告♪

こんにちは。看護師の村田です。

先日、医療事務の内田さんが小児矯正視力加算について研修会をしてくださいました。

DSC04792 DSC04790

小児の視力は不安定で、物をみようとするときにピントを合わせようとして調節力が強く働いてしまうため

通常の視力検査では正確な屈折度数がわかりにくいと言われています。

なので、遠視・近視・乱視などの屈折度数を正確に測定するには、調節を休ませる目薬を点眼して検査を行います。

特に弱視や不同視の疑いのある小児の患者さんには、この小児矯正視力や精密屈折検査が大事な検査であり、

また算定方法が年齢によっても変わってきます。

今回の研修会でとても勉強になりました。内田さん、ありがとうございます。