スマートフォンサイトに戻る
2021/06/24

散瞳検査を受ける時の注意点

こんにちは、はらだ眼科視能訓練士木村です。

今回は散瞳検査を受ける時の注意点についてお話します。

 

散瞳検査では、瞳孔が開くことにより、普段より光が眩しく感じたり、

ピントを合わせることができず、ぼやっと見えにくい状態が3.4時間続きます。

その為、目薬を点眼した後は見え方が戻るまでは運転ができません。

当日は、お車やバイクを運転してのご来院はお控え下さい。

 散瞳 運転

 

また、お薬の効き具合により15分で瞳孔が開くこともあれば、

1時間以上目薬を点眼することもあり、検査にお時間がかかります。

その為、午前中は11時、午後は17時までにお越しください♪