スマートフォンサイトに戻る
2017/12/09

リーダー引き継ぎ会⑤

こんにちは はらだ眼科事務長の原田です。

 

先日のこと、何気なくTVを見ていると

カルビー(あのポテトチップスの)社長さんが

会社について語られていました。

 

美味しいですよね

美味しいですよね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会社というのは仕事をしてお金をもらうところだから

それは厳しいよ。だってお金もうけは大変なんだから

ただ、会社は温かい所でもあるんだよ。

だって、人が成長していくんだから。

人が成長できる、成長できるチャンスを与える、

見守ることができる企業というのは、

本当はその人にとっては温かいんだよ。

と言われていました。


医療という分野は、製造販売業や他の業種とは性格が違います。

全ての価格が政府によって決まられ、

国民から徴収した健康保険の保険料が分配される

私たちの仕事は就労と言わず従事と言われる仕事です。

無駄をなくそうとかはしますが、

仕事をしている時には

正直医師も看護師も売り上げなどは全く気にしていないものです。

ただ目の前の人に意識を集中して従事して、結果を出したいと思うだけのこと

私も他業種からこの業界に入ってこの違いに戸惑いました

今はどっぷりとこの業界の人間になり

この業種ならではのつらさや大変さも実感しています。

そして、今はこんな素晴らしい仕事をしている

この業界の人が他業種の人から見た時に

もっと輝いてみえるといいなと秘かに思っています。

 

 

そして、どの仕事をとおしても変わらない事は

仕事を通して人が成長する事・・・・

 

 

今は大企業だからと言って10年後、20年後どうなっているか分からない時代です。

でも、人は成長し続ける限り

どの時代でも必要とされる人にはなれる。

はらだ眼科は零細企業かもしれませんが、

夢は大きく

あの大企業カルビーに負けないような人材が輩出できる

温かい場所、温かい企業となっていきたい、

そして私自身も、頑張る歴代リーダーと

これからリーダー、管理職になる職員さんに

いつもエールを送る存在でありたいなと思います。