スマートフォンサイトに戻る
2022/04/28

スポットビジョンスクリーナーを導入しました

こんにちは、はらだ眼科視能訓練士の阿部です。

 

先日、スポットビジョンスクリーナーを導入しました。

 スポットビジョンスクリーナー SVS

スポットビジョンスクリーナーは、屈折異常(遠視、近視、乱視、不同視)や

斜視を数秒で測定できる機械です。

検査の対象年齢はは生後6ヵ月から大人まで。

そのため、小さいお子さんや検査が難しい子でも、

スポットビジョンスクリーナーを使うと目の検査をすることができます。

 

大きな屈折異常や斜視があると物をはっきりと見ることができず、

弱視(眼鏡をかけても視力が出ない眼)になってしまう可能性があります。

弱視にならないためには視力の発達時期に早期発見し、

眼鏡などの治療を早く始めることが重要です。

 

お子さんの様子でこのようなことはありませんか?

・ 近い距離でテレビを見ている

・ 集中して本を読むことができない

・ 遠くを見る時に目を細める

・ 片目を隠すことをとても嫌がる

 

お家で見えにくそうな様子があったり

学校の視力検査で視力が下がっている場合には

早めに眼科を受診しましょう!