スマートフォンサイトに戻る
2021/05/26

ジューンブライトの由来…

こんにちは、視能訓練士の松本です。

 

先日、本棚に飾ってあるウエディングバージョンの

ケロコロちゃんについて投稿されていただきましたが、

今回は6月に結婚式「ジューンブライド」の由来についてお話します(*^^*)

DSC04575

 

「ジューンブライト」は古くからのヨーロッパの言い伝えで、意味や由来については諸説ありますが、

ギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃で、結婚や出産を司る女神「Juno(ジュノ)」が

守護する月が6月(June)であることから、この月に結婚をすると生涯幸せに暮らせると言われています。

また、かつてヨーロッパでは、農作業の妨げとなることから3月~5月の結婚が禁じられていました。

そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、祝福ムードいっぱいだったからという説も。


ジューンブライド(June bride)となる6月は、日本では梅雨の季節にあたりますが、

海外ではハワイやヨーロッパを始め乾季に入っている国が多く、心地よい気候で結婚式が行える季節です。

ケロコロちゃんたちも今回ハワイで挙式をしているのでを挙げているので最高のウエディングシーズンですね(*^^*)