スマートフォンサイトに戻る
2018/12/05

いざという時の非常食

こんにちは、はらだ眼科視能訓練士の中内です。


はらだ眼科では、いざという時に備えて

笠岡市のハザードマップを調べたり

院内用の防災グッズを買いそろえたり

笠岡市役所危機管理課の方をお招きして

防災セミナーをしていただいたり

災害対策を行っています。

そして、各自ロッカーの中に

非常食を購入してストックもしています!

私が用意していた非常食は

・温めなくてもおいしいカレー

・お水を入れるだけで作れる白米

・水でもどす乾燥きなこもち
DSC00632

 

 

 

 







DSC00633






 

 

 

これらはすべて非常食として作られており

保存期間が3年以上あるのですが

実際に作って食べてみました。



DSC00634


 

 

 

 



白米はお水を入れてしばらく待つと

硬かったものが、ふっくら炊いた状態になりました。

保存ができてお湯がなくても作れるので

災害時には重宝しそうです。

スプーンも付いていたので、中に直接カレーを入れて

お皿がなくても1食が完成しました。

味も普通のカレーと変わりなく美味しかったです。

DSC00640












乾燥きなこもちは

フリーズドライのおもち、お水、きなこ、お箸が

セットになっていて
DSC00635





 

 

 

 

お水をかけるとこんなに伸びるおもちに!
DSC00639







 

 

災害時でもこういった甘いものがあると

心が落ち着くかと思います。

 
皆さんのご家庭でもいざという時に備え

非常食を用意してみてはいかがでしょうか?