スマートフォンサイトに戻る
2017/06/25

第5回勉強会✐

こんにちは、受付の内田です。
月に1回行っている勉強会が
5回目をむかえました\(^o^)/


今回のテーマは「網膜中心静脈閉塞症」です!!
網膜中心静脈閉塞症は、視神経内の閉塞によって
おこる病気で、高血圧、糖尿病、動脈硬化がある方で
高齢者に発症しやすい病気です。
黄斑浮腫や硝子体出血、血管新生緑内障という
合併症があり、視力低下を自覚すると言われています。
血管新生緑内障を発症してしまうと、視力は回復しないため
少しでも視力を残すためのレーザー治療が必要となります。



職員で調べたことを発表しながらわからないことを
院長に質問し具体的に分かりやすく
説明していただきました。一人で勉強すると
分かり切っていない部分がでてくると思いますが
院長に質問しながら勉強できる機会があるのは
とても恵まれていると感じました。
勉強会の機会をもうけてくださっている
院長、事務長に感謝の気持ちでいっぱいです。





今回は私が司会を努めさせていただいたのですが、
進行する難しさを感じました。
事務長や先輩方が司会させていた時は
こんなにつまってなかったなと思い、
網膜中心静脈閉塞症の勉強をしながら
司会という進行をする立場での勉強にも
なりました(*^_^*)
次、司会をさせていただくときには
今回よりレベルアップしていたいと思います!!


勉強会で学んだことを活かして
患者様への説明を分かりやすく
しっかりしていきます。
網膜中心静脈閉塞症の疾患のプロフェッショナル
となれるよう努力します!