スマートフォンサイトに戻る
2016/12/29

今年一年を振り返る(院長編)

こんにちは、院長の原田です。

今年の診療も昨日で最後となりました。

今年最後のブログということなので、今年1年を振り返ってみました。

昨年は、私にとって白内障手術革命の年でした。

長年慣れた術式を変え、より安全に短時間に手術が行えるよう改革しました。

また、、開業以来患者さまの利便性を考え、診察時間にはこだわっていた私ですが、

白内障手術を希望される患者様が増えてきたため、2月から木曜日の午前診を廃止して、

朝から手術をするよう変更しました。

おかげさまで大きなトラブルも無く、昨年よりも多くの方に手術を受けていただくことができました。

術後の満足度アンケート結果では、お褒めのお言葉をたくさんいただき大変うれしく思っています。


また、受診者数の増加に伴い、患者様から外来の待ち時間が長くなってきた、との

お声をいただくようにもなったため、

職員の採用も1年をかけて積極的に取り組みました。

鍛え甲斐のある魅力的な人材を、

また我々現職員にも刺激を与えてくれるようなフレッシュな人材を

獲得できるようはらだ眼科の企業としての魅力を試される1年でもありました。

いろいろと悩みながら試行錯誤の1年でしたが、

だからこそ、新しい年に繋がる一年になったのではないかと期待しております。


来年の目標は、「学会や勉強会で学んだことを迅速に取り入れ診療に活かす事!」です。

「地味で口下手!」と家内から言われる私ですが、休まず、真面目に、コツコツとが私のモットーです。

真摯な気持ちで新しい年も診療に取り組みたいと思います。

この1年皆さまありがとうございました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

GEDC2814

ある日の診察室