コンタクトレンズ

当院併設のイーグルコンタクトにて

クーパービジョン、チバビジョン、シード、ジョンソン&ジョンソン、ボシュロム、ニチコン、メニコンなどの国内・外メーカーの各種レンズを多数取り扱っております。

乱視用や遠近両用のコンタクトレンズも豊富な種類の中からお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。

コンタクトレンズを初めて使用される方の受付時間について

初めてコンタクトレンズを使用される方については、検査・診察以外に、コンタクトレンズの装脱練習や正しい取り扱い方法の指導が必要となります。 そのため、受付終了時間の1時間前までにご来院下さい。 時間に余裕を持って受診されることをお勧めします。

(注)コンタクトレンズが処方できない場合について

コンタクトレンズ処方目的で受診される方で、診察にて眼に異常が見つかりコンタクトレンズ使用中止が必要と判断される場合には、治癒するまでコンタクトレンズ処方ができずご期待に添えられないことがあります。

眼は、モノを見るという機能以外に、顔の一部であり美容的に重要な役割も果たしているという面もあります。そのため、コンタクトレンズでのトラブルによる眼のダメージは、見えにくいという機能的なダメージとともに、美容面での不利益を受けることにもつながります。

当院では皆様がコンタクトレンズを安全に使用していただくために、 コンタクトレンズ処方ルールを策定しました。以下のルールを守って正しく使用できる方に限り、コンタクトレンズ処方をいたします。

良好な矯正視力を出せる眼鏡を所持・使用している
コンタクトレンズを正しく使用しても、目の疾患が原因で一時的にコンタクトレンズ使用を中止する必要が出てくることは往々にしてあります。眼鏡を持っていない、持っていても度が合ってなくて見えにくい、といったケースでは、無理してコンタクトレンズを使い続けて目の状態が更に悪化するような事態になりかねません。
適正な眼鏡を所持していない場合は、先に眼鏡店にて適正度数の眼鏡を作成していただき(当院での眼鏡処方箋発行も可能です)、お持ちの眼鏡で良好な視力が得られることを確認できましたらコンタクトレンズ処方を実施します。
定期的な受診が可能である
痛みや痒みなどの自覚症状がなくても、コンタクトレンズ使用による目の異常が隠れている場合があるため、当院では、海外への長期赴任や留学といった特殊な理由を除き、コンタクトレンズの処方量は原則として1回につき3ヶ月分を限度としております。
18歳未満の未成年者の場合、保護者の許可・同意が必要
18歳未満の未成年者に関しては、初回処方時に必ず保護者に同席していただき、一緒に説明を受けていただきます。保護者にもコンタクトレンズについての基本事項をご理解いただくことにより、不適切な使用を未然に防げる効果が期待できます。
コンタクトレンズは目に直接触れる高度管理医療機器ですので、安全に使用していただくことが何よりも大切である、と私は考えております。 そのため、上記の ルールを遵守できない方に対してはコンタクトレンズ処方をお断りする場合がございます。 ご理解の程よろしくお願いいたします。

診療案内

診療時間・受付(順番取り)時間

診察の順番取りのご案内

直接ご来院しての
順番取り
ご来院の場合には診察15分前
から順番をお取り出来ます。
オンライン順番取り
(初診の方もOK)
初診受付サービス
スマートフォンやパソコン
から当日の受付順番をお取
りできます。
お電話での順番取り
(再診の方のみ)
再診の患者様は、お電話でも当日の受付順番をお取りできます。
お電話によるお問い合わせ
電話番号
受付時間

スタッフ募集

クリニックだより

院長への面会をご希望の業者様へ

イーグルコンタクト